チワワ健康は第一!わが子の健康は第一。チワワ健康!しつけは、親バカでもいい、決してバカ親にならないよう育てなければいけません

チワワ健康?大丈夫?

チワワ健康!親バカのためのチワワ健康のため守らなければダメなこと

チワワの健康のためにサプリメントは本当必要なんでしょうか?


チワワの健康にとって、ドッグフードがすべてではなく、栄養的にも完璧ではありません。
体に足りていない栄養を、サプリメントで補うことで健康にできるのです。
特に高齢のチワワや体が弱っているチワワの場合に健康に身体の免疫力を高めるのに役立ちます。
特に不調がない場合でも、チワワの健康をいい状態で維持するために予防として使うことをおすすめします。
最近では、チワワのためにサプリメントを使っている人も多いそうです。
チワワの健康にサプリメントなんていらないと思う人もいるかもしれません。
しかしそうと決めつけることはできないのです。

人もチワワの健康も同じです。
サプリメントには、予防的効果が高いので、実際に病気で症状が悪化してしまってからあわてて飲んでもそこまでの効果は得られないのです。
病気にならないため、健康が弱らないようにと、健康な身体作りを事前にしていくために、サプリメントを利用するのです。
健康のため、チワワにもサプリメントを活用してください。

サプリメントをとにかくたくさん与えて、たくさんの栄養をチワワに与えればいいわけではないのです。
特定の栄養素ばかり与えて栄養が偏ってしまう危険性もあります。
健康サプリメントは、人と同じでチワワ用のものもかなりの種類が出回っています。
どんなものでも与えればいいというわけではありません。
サプリメントには、身体の健康に必要と思われる栄養がバランスよく入っているもの、気になる症状、部位だけに特定に影響を与える成分が入っているものがあります。
チワワの健康にはどういったものを与えるのが効果的なのか、よく考えて、よく説明を読み、選ぶようにしてください。


チワワの皮膚病は心配?飼い主だから愛犬の健康は考えなければいけないこと

愛犬の健康をが病気にかからないように、予防していくことも飼い主の大切な役目です。
チワワの皮膚病は意外に種類がたくさんあります。
そのため皮膚病についてチワワの飼い主の方に正しい知識を持っていただき、早期発見をして早期治療をすることで大切な愛犬の健康を守ってもらいたいと思います。

皮膚病の種類をいくつか挙げていきます。
  • アレルギー性皮膚炎・ノミアレルギー・真菌症・臍ヘルニア・脂漏症・アカラス症・ツメダニ症状・疥癬症。
  • 毛包虫症・膿皮症・ホルモン異常によるもの、など。
この中で最も多い病気は、アレルギー性皮膚炎です。
この皮膚病は、アレルギーの原因を取り除けば健康に完治させることができる病気です。
しかしアレルギー性皮膚炎の中でも、アトピー性皮膚炎では、その原因は主に遺伝性となります。
そのため完治させることはできません。

しかし辛い痒みを抑えてあげる薬はあるため、治療することをあきらめないでください。
中には薬の副作用を恐れて、痒みをチワワに我慢させる飼い主もいます。
現在、副作用の少ない痒み止めもあるので、我慢させないで治療してあげてください。
このように皮膚病とまとめて言っても、かなりの種類があるのです。
その中で、「皮膚ガン」以外は命に関わる病気ではありません。

しかしチワワの毛には様々な外的環境から健康を守るという役割があり、その毛が病気によって抜けることで皮膚のバリア機能が弱くなって感染症などの病気になる危険性もあります。
そしてチワワが病気のためストレスを抱えることで、飼い主にも大きなストレス、健康への害がかかってしまうことも多いので注意しましょう。


チワワの健康のため薬の輸入が増えている背景は?

最近では便利なサイトがあり、健康のためおくすりを海外から輸入してくれる会社もあるのです。海外からの輸入するおくすりなので、大事なチワワに与えるのは、不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、認可を受けて販売されているおくすりなので安心です。認可が下りて、チワワのくすりとして、店舗でも販売されている商品を、輸入するので、お店で買うものと同じなのです。


実際、みなさんはチワワを飼っていらっしゃいますか?空前のチワワブームはまだまだ続いているようです。チワワや小さい愛犬は、相変わらず人気があり、チワワの健康に散歩をしている人を本当に多く見かけるようになりましたよね。チワワは一緒に生活していて私たち人間を癒してくれますし、本当に可愛らしいですが、いざ、健康を害してしまうと飼い主としてはとても大変です。チワワ病院の治療費も保険がきかない分、とても高くなっています。 薬も、もちろん高額になるでしょう。私たちが病院に通ったり薬をもらったりすることと比べてみても、わかりますが、動物はどの治療も薬も診察も高い費用がかかってしまうものなのです。

せめて、おくすりだけでも自分で手に入れられれば良いのですが、日本では規制が厳しく、チワワの薬も健康も簡単には手に入らないようになっています。人間のくすりと同じように、通信販売も規制されていますので、ネットを使っての通販も難しくなっています。ですから、チワワのおくすりを海外から輸入してくれる会社が増えているのです。

チワワの健康のための通信販売ですが、安心して使えるくすりしか販売されていませんので、輸入品であれ、安全性は問題ありません。



健康としつけ?チワワが吠え続けるのは親の責任。

最近ではチワワを飼えるマンションやアパートなどが増えてきています。息子、娘と離れて暮らす、小さくて世話しやすいチワワとご老人が一緒に暮らすケースや、核家族がすすみ、兄弟がいなからといっしょに愛犬をお子さんの兄弟として育てるケース等。また、お部屋の防音も昔のように薄い壁一枚ではないので、いっしょに暮らすということも。

しかし、いくら飼うことが可能だといっても、そのチワワがずっと吠え続けているようでは困りものです。そういうことが続けば、近隣とのトラブルや健康トラブルも引き起こしかねません。


チワワ自身にも健康に害が。ストレスになってしまうこともあるのです。

チワワにとって一番多いのが、なんとかしてかまってほしいと思って吠えることです。それなのに、ただ頭ごなしに叱りつけるのは、しつけとしても良くありません。チワワの場合、環境が変わったことに動揺し、よく吠えることがあります。それまで親や兄弟たちといたのに急に一人ぼっちになれば心細くなり、寂しくなるのも当然です。健康にも悪影響を及ぼしてしまいかねません。


そこで問題になるのは甘えさせるタイミングです。寂しいならどんどん相手をしてあげるのが良いと思いがちで親バカのみなさんには頭の痛いところでしょう。チワワは「自分が鳴けば、人間は相手をしてくれる」と学習してしまいます。泣き叫ぶことによって、それに応じるように人間が相手をしていると、そうなってしまうと、頻繁に吠えるということがいつまで経ってもおさまりません。愛犬の方が頭がいいですね。


どのような対応をするのが良いのかが一番の問題です。愛犬が吠えていないとき、または吠えるのを止めたときがベストのタイミングです。そうすれば無駄に吠えることが減って「吠えていると人間は相手をしてくれない」と学習するのです。


チワワのしつけと健康をいっしょに考えるのはこちらから

人間側が折れてはならないということ重要でとても注意が必要なことです。何とか親バカぶりをこらえて、吠えてばかりいてはダメなのだということをしつけとして身につけさせましょう。愛犬が吠え止む気配がないからといって吠えているときに相手をしてしまうと、結局犬は「吠えれば大丈夫」という考えから抜け出せなくなってしまうからです。

チワワの健康のためサプリ パンフェノン

飲みやすさ
口コミ・評判
★★★★★

その効果に賛同した多くの獣医師がチワワの健康のために使っています。
パンフェノンの健康に優れた点は3つあります。

  • 1つは特許成分が入っていること。
  • もう1つは小粒タイプの錠剤なのでチワワや猫が食べやすいこと。
  • もう1つは薬と併用できること。
健康 サプリメント