チワワのアレルギー性皮膚炎は、かゆそうで大変かわいそう。すこしでも和らげる対策。そしてチワワのアレルギー皮膚炎かのチェックをしてみましょう。

チワワのアレルギー性皮膚炎の予防策は?愛犬の皮膚病のチェックを

愛犬の皮膚病のためにできるアレルギー対策

チワワ皮膚病の中で特に多いと言われている「アレルギー性皮膚炎」について説明します。

愛犬に次に示すような症状が見られたら、皮膚病だと考えられるため動物病院へ行ってください。

  • チワワの目や耳の周り、ワキの下、腹部の皮膚に赤みが見られる。
  • 愛犬が突然激しく痒がる。
  • かきすぎて脱毛する。
  • がかきすぎて皮膚がただれ、かさぶたができる。
  • アレルギー源により皮膚に炎症を起こす病気が「アレルギー性皮膚炎」です。

原因としては、食品、花粉、ホコリ、ダニ、カビ、金属、芝などがあります。
有害物質でないものも、チワワの体内に入って、体が防御反応として起こることがあります。
さらに外耳炎も引き起こす確率が高いです。

愛犬チワワのためにできる予防策。

  • アレルギー源の物質を特定すること。
  • 原因物質が見つけられたら、チワワから極力遠ざけるようにすること。
  • 特に周囲に原因が見当たらないときには、食品の可能性もあるためチワワフードを変えてみること。
  • 食品アレルギーは若いチワワに起こりやすい病気です。

 食べ物に入っているたんぱく質に反応しているので、たんぱく質がない食べ物にして1ヶ月から2ヶ月くらい様子を見るといいです。
症状がこれで治まっていくなら、原因は食品だったことがわかります。

アトピー性皮膚炎は、3歳以下のチワワで発祥します。強い痒みがあります。目や口の周り、お腹、指の間などの部位に出ます。細菌に二次感染することでさらに痒みが激しくなることもあります。慢性化してしまうと、色素沈着、苔癬化などを起こします。

チワワの健康のためサプリ パンフェノン

飲みやすさ
口コミ・評判
★★★★★

その効果に賛同した多くの獣医師がチワワの健康のために使っています。
パンフェノンの健康に優れた点は3つあります。

  • 1つは特許成分が入っていること。
  • もう1つは小粒タイプの錠剤なのでチワワや猫が食べやすいこと。
  • もう1つは薬と併用できること。
健康 サプリメント

チワワと住むはじめての家づくりならこちら

Copyright チワワ 健康 All Rights Reserved.