わが子チワワの健康のためアトピー性皮膚炎はずっと付き合っていっしょに症状を和らげて上げたい病気です。

健康にすごさせたいわが子 アトピー性皮膚炎には?

アトピー性皮膚炎はずっと付き合わなくてはいけない病気

チワワの皮膚病で最も多いのがアレルギー性皮膚炎。

アトピー性皮膚炎はその中でも大きな割合を占める皮膚病です。
つまりチワワの皮膚病で最も多いのが、アトピー性皮膚炎になります。

3つの原因。
・遺伝性・・・柴、チワワ、シー・ズーなどがなりやすい犬種。
・アレルギー体質。
・皮膚のバリア機能不全。

体の中の水分を保持するためにバリア機能は大切です。
これが弱いチワワは体の中にダニやカビといったアレルギー源が入りやすくなります。
生まれつきながら皮膚の弱いチワワの場合、機能不全が起こりやすいです。

生まれつき持って生まれた体質が大きな要因なので、完治は難しいです。
しかし症状を軽減してあげることはできます。
・飼育環境を清潔に維持する。
・シャンプーをこまめにする。
・食事内容に注意する。
・病院で治療をする。

病院での治療にはいろんな方法があるため、専門医と飼い主が相談して治療方針を決めます。
・ステロイド剤。
即効性があり90%近い有効性もあります。
しかし長期服用は副作用があります。

・インターフェロン。
注射によって体質改善、免疫をつけることで、70%近い有効性があります。
副作用はなし。
治療費が高いです。

・免疫抑制剤の使用。
「シクロスポリン」で痒みを抑えます。
ステロイドではないため、即効性はないのですがゆっくりと効果はあります。
投与初期に副作用があります。

・減感作療法。
痒みの原因である抗原を注射します。
チワワに抵抗力をつけて治療します。
抗原が簡単には見つからない、治療が長期化するというデメリットがあります。

・抗ヒスタミン。
季節性のものならば、ある程度予防効果があります。

アトピー性皮膚炎は、チワワも飼い主もずっとつきあっていかなければいけない病気です。
完治しない皮膚病のため、いかにしてチワワの症状を和らげてあげるかがポイントとなります。

チワワの健康のためサプリ パンフェノン

飲みやすさ
口コミ・評判
★★★★★

その効果に賛同した多くの獣医師がチワワの健康のために使っています。
パンフェノンの健康に優れた点は3つあります。

  • 1つは特許成分が入っていること。
  • もう1つは小粒タイプの錠剤なのでチワワや猫が食べやすいこと。
  • もう1つは薬と併用できること。
健康 サプリメント

チワワと住むはじめての家づくりならこちら

Copyright チワワ 健康 All Rights Reserved.